2016年03月13日

臨床宗教師

今、「臨床宗教師」が注目されているそうです。臨床宗教師というのは、「終末期にある人に宗教の立場から心理面での寄り添いを行う宗教者」(Wikipedia)だそうです。

DSC_0029.JPG

2012年、東北大学に養成講座が開設されたのを皮切りに、龍谷大学や鶴見大学、高野山大学と広がり、今年2月には臨床宗教師会が発足したというニュースがありました。

東日本大震災の後、宗教者による心のケアが注目され、医療現場や自殺の防止、御遺族のグリーフケアなどでの宗教者の役割が期待されているとのこと。そういった場では死後の世界や救いの有無など、宗教的な死生観がないと答えられない苦しみや悩みが多く寄せられるのだそうです。

人々の苦しみや悲しみに耳を傾ける「傾聴」により、その心に寄り添う。今の時代が求めているものなのでしょう。

私たちも御遺族の心に寄り添い、お力になれるよう努めていきたいと思います。
posted by 管理人 at 20:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。