2016年02月28日

梅、桃、桜

都内のお寺の掲示板で、こんな言葉を見つけました。

160228_01.jpg

「梅ひらき
 桃ふくらみて
 桜まつ」

春が近づく今の季節に喩えて、苦しい時期を
乗り越える心境を表したものでしょうが、
入試に挑む受験生のことのようでもあります。

梅といえば学問の神様である天神様、
桜咲くといえば入試合格のこと。

160228_02.jpg

梅が満開の都内の天神様には、合格を願う絵馬が
たくさん掛かっていました。

がんばれ、受験生!
posted by 管理人 at 08:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月26日

「あの一番美しいお星様がお母さんだよ」

人は亡くなると昇天してお星様になるという。

陸前高田市職員の及川さんは奥様を津波で失った。
愛児4歳の律ちゃんと2歳の詠ちゃんは、奥様の実家で
祖父母と暮らしているが、幼い兄弟は母を恋い慕い律ちゃんは
母の笑顔を絵に描いたり「ぼくも流されてママに会いたいな」と
つぶやいたり…

及川さんは時折、そんな二人を連れて夜空を仰ぐという。
「真ん中の一番きれいな星がママだよ」と教えると、
二人の幼児はじっとその星をいつまでも見詰め続けるのだという。

確かにひとときの安らぎはあるものの、その情景はあまりにも
哀切ですらある。

P2232282.JPG
           2月23日の満月

もうすぐ6回目の3.11が巡ってくる。
ようやく少し花々も咲き始める時期。
真心からの弔意と鎮魂の祈りとに包まれて 静かに静かに過ぎていく
そんな穏やかな一日になることを願うばかりである。
そして多くの遺族の方々が、また夜空に光る美しい星々を眺めながら
亡き人の面影を思い浮かべ、重ね合わせて仰ぎ見るに違いない。
「あの一番美しいお星様が○○さんだね」と、そうつぶやきながら… 
                         合掌
posted by GMM at 11:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月14日

ご近所の庭々

立春も過ぎて、間もなく雨水。猛烈に寒くなったり暖かくなったりと
不安定な気候続き。されど弊社の案内パンフレットをご近所や自宅
周辺に配るポスティングの務めは今月も無事終了した。

中には美しいお庭もあれば、それほどでもないそれなりの庭まで千差万別。
しかし、全ては我が家の庭。その管理を皆様にお任せしてあるだけ。
そう思うだけで、どの庭を見ても楽しく思えてくるから不思議である。

花の少ない今の季節ではあるが、よく見かけるものに大柄のパンジー
小粒のビオラ、黄、紫、紅、白、橙、等々それはそれは賑やかな色合い。
水仙も白から真っ黄色まであまたの種類。特に全身黄色の小振りのものは
惚れ惚れするほどの大和撫子風?である。

早咲きの紅梅やしだれ白梅が風に揺れている様は、また何とも言えない
風情があって・・・なのである。
柊南天(ヒイラギナンテン)や馬酔木(アセビ)の小さな蕾も
これまた実にかわいらしい。

P2132267.JPG
           綿の木の綿毛

13日は非常に珍しいもの、二本の綿花の木に巡りあった。
当ブログ人、六十数年の人生で初めての遭遇なのでかなりの
興奮を覚え感激至極。まさかこんなところで、と。
このお宅の御夫人の話では「日本のは灰色だが、これは西洋綿花で
純白なのです」と。ふわふわの綿花と共にその綿の中に入っている
というたくさんの種を頂いて帰った次第。

もう桜の蕾や白モクレン、コブシの花芽も大きく膨らみ始めている。
春はもうそこまで・・・。何とも待ちどおしい限りである。
posted by GMM at 11:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。